ヘルスケアコラム

2024.1.10

【中東レポ】国・大陸を渡って参加する試合への準備 Part1

英国AfN登録栄養士/中学校・高等学校家庭科教諭1種:根本 裕理(ねもと ゆり)

このコンテンツは会員限定です。
閲覧するには会員登録をお願いします。

会員登録はこちら
会員特典などの詳細はこちら

会員の方はこちら(ログイン)

筆者紹介
根本 裕理(ねもと ゆり)
英国AfN登録栄養士/中学校・高等学校家庭科教諭1種
パフォーマンス栄養研究機関ポストグラデュエート・ディプロマ取得。母校はキングスカレッジロンドン大学及び大阪教育大学。
これまで教育機関、企業(食品業界、マーケティング)、病院、ホスピタリティ産業(ホテル、厨房、レストラン、バー)において食の役割に触れ、日本、北米、欧州、東アフリカ、中東にて経験値を積む。消費者教育主体の家庭科を融合させ、アスリートたちにクリエイティブで明日から実践できる栄養科学を指導することに熱意を注ぐ。
22歳単身で生まれの関西を離れロンドンへ、現在はアラブ首長国連邦を拠点とし、女性アスリートのサポートを主に日々活動する。今後日本人アスリートが中東にて試合をする際に日本を拠点とする栄養士の方と手を取り合って現地アシスタントとしてサポートに入る準備も計画中。余暇にはランニングとボクシングに精を出す。